FC2ブログ
暗いところで待ち合わせ
2006 / 12 / 09 ( Sat )
この映画に関して、作品の語り口同様、多くを語る必要はないとおもう。

暗闇のなかに生きる若い男女の、いびつで幾分滑稽な、それでもなお自分以外の誰かを希求し、けっして強くはないが、容易に消えやしない光射す場所を目指し成長する、気高い物語。

暗いところで待ち合わせ

***

田中麗奈がじつによい。脆く儚げで消え入りそうなヒロイン。宙舞う視線と、その仕草。
また、彼女に絡むチェン・ボーリン(『藍色夏恋』!)が嫌味がなくじつに宜しい。
脇を固める役者陣もさりげなく豪華だが抑制が効いており、こと井川遥にはじめて好感を持った。

ミチル

原作は知らない(押井守の娘の旦那ってコトくらい)。だが、ミステリーとしての体裁も最低限整えており、解決編では妙にアナクロなかんじの語り口に急変するが(盲目探偵物というか…)、直後のヒロインの危機演出は好感が持てる。

***

過剰で下品な泣かしが入ることなく、ただひたすら淡々と、言葉数は少なく、くどくどしくBGMもつかない(音楽はめいなCo.なのだが、家の外の原付の音や室内エミッションなどが主のサウンドデザイン)。

しかし感情の決壊の折には、観ているおれも一緒に決壊してるんだ。その仕草で、ないている。

***

天願大介のマナーに感激した。安易に事態を進めないのだ。で、進めるときは進める。
これは、あまねくすべての「泣かせてやろう」と意気込む邦画(とその傾向)を黙らせる一本。

当然、パンフレット買いました。

(8日、フォーラム1にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<yellow dirty DVD's | ホーム | キャッチ(フレーズ)22>>
コメント
--ご覧になったんですね!--

益々観たくなりました。
ナーニカさんのレビューから
原作の空気が壊されて無い感じが伝わってきました。
誰も一緒に観に行ってくれなかったら
1人でも観に行こうと思います^^
楽しみ♪
by: ゆずる * 2006/12/09 02:20 * URL [ 編集] | page top↑
--静かだけど、じつにエモーショナル--

スイマセン原作知らないんで…。
ですが、当たり前にいい映画かと。

淡々としてて、ぶっちゃけ地味なんですが、
云いたいことを「云わずに語る」あたりが好感持てました。

あと、まー、田中麗奈がですね、ひ、卑怯すぎ!です。
by: ナーニカ * 2006/12/09 08:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/551-595c09ab
| ホーム |