FC2ブログ
上原ひろみ 『 スパイラル~ツアー・エディション 』
2006 / 12 / 12 ( Tue )
AMAZONでみたとき、ライブ盤なのだろうとおもって即予約注文した。
なんせ3rd、未だに愛聴してますからね…。

***

んで、箱に包まれたままほっといたんだが、故あって(頼まれ物の編集が機材トラブルで滞って)、待ち時間が異常にあったもんでビリビリとダンボールの小箱を破った。

曲順をみてると…あれれ?すぐさま棚から『スパイラル』取り出す…。
まったく同じじゃん!オマケDVDが付いてるだけ!「ツアー・エディション」ってどういう意味なの?

上原ひろみ - スパイラル・ツアー・エディション


***

まさか『スパイラル』、初期ロット売り切りが決まってて、それがすべて捌けたから?そういう意味なら2ndエディションというふうに云えるかもしれない。
百歩譲ってジャズのアルバムって、そういう売り方(オマケで再リリース)するのが多いのだろうか。リマスター盤でもないのに…。

***

で、手元にある『スパイラル』は初回版なのだがオマケでじつにゴキゲンなDVDが付いており、今回の「ツアー・エディション」にもDVDがくっ付いてる。

マニアなら買い揃えたいのかも…なのだが、ちょっと紛らわしくない?

ひろみたんでハァハァしたい筋の方ならば、それはそれで買わざるを得ないだろう。
そういうひとの心理はわかる。これがバンダイビジュアルやらジェネオンなら話は合点承知だが。

***

とりあえず(あえてエロい気持ちで)シュリンク破って、DVDのみ取り出して、見る。

びっくりした。

心が躍るとはこのこと。これはすでにロックンロールバンドのそれですよ。
ジワジワ前のめりになりながら、マナコは凝視。ヴォリュームを右にひねる。

ホール演奏だからか(2005年12月品川ステラホールでの収録)、オーディエンスがなんで立ち上がらないのか不思議だ。こっちは跳ね回りたいのに!

昨年リリースの同CDのオマケDVDもイカれてたが(なんせ「リターン・オブ・カンフー・ワールド・チャンピオン」のライブですぜ!めっちゃアシッド!)、今回のオマケもヤバイ。
こと、「ラヴ・アンド・ラフター」のブレイク後のエレヴェイションな具合といったら!

***

でだ。

こういう中途半端なきもちにさせる内容であれば、四の五の云わずライブDVDを出してほしい!
それなら、こういった不必要な誤解や無理解も発生しないはずなんだ…!
(けれど、ひろみたんの艶めかしくもパワフルなプレイと笑顔で、結果相殺)
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エヴリシング・ゴーン・グリーン グリーン (GROOVERとは無関係) | ホーム | ハリウッドで勝て! ( 一瀬隆重著/新潮新書 )>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/558-309b212b
| ホーム |