FC2ブログ
エレキレンタル弐 at ZEPP仙台
2006 / 12 / 18 ( Mon )
昨日のエントリの通り、仙台で、なんでか妙に豪華なイベントがあったんで行ってきた。
お目当てはイースタンと小谷美紗子toeだったんですが、まーオモロかった。長かったけど。

出演:eastern youth/ASIAN KUNG-FU GENERATION/小谷美紗子/MARS EURYTHMICS/toe/9mm Parabellum Bullet(トリはイースタン。オープニングアクトは9㎜)

***

ザックリで、出演順に感想。

9㎜~…まー若いねえ…感想としては、そんなもん。
勢いは凄いんだが、けっこうウェットなベタベタした、でもストレートなロックンロール。

toe…のっけマキシの一曲目、ハンドクラップ。クールさと裏腹な無茶振りに、聴いてて熱くなる。
ベタな喩えだが、透徹とした湖面に波紋が広がるような煌びやかな開放の様が素晴らしい。

とりあえずビール飲み干す。

***

マーズリトミック…元ハスキングビーのフロントマンで、CORNER名義でも活動する磯部正文のバンド。

パーマネントなバンドなんだろうか。すこし凝っていたり、ポストロック的鳴りっていう印象のCORNERと違い、わりかし直球な曲を披露してた。聴いてて、複雑なきもちに。
なんでこういう境地に達しちゃうんだろう…2000年頃までのハスキンは好きだったのだけど。
昨夜の面子のなかで、一番考え事してしまったアクトだった。

***

小谷美紗子…この夜の、このメンツの、白眉。

圧倒的な持ってかれ方をしました。軽々しく云えば、射抜かれた。魂抜かれた。
すぐ近くで見てた女の子が、ハンカチをですね、目鼻の辺りに押し当ててる姿を見て、このアーティストは、この世に乞われているのだな…と素直にかんじた。
そうして、浅見ながらおれも、この声を、歌を、希求していることを知った。
演奏、MC、観客の反応含め、個人的にはこの夜のベスト・アクト。

「still have us」のスリリングで、かつフリーキー、でも実に手堅い演奏に、酔いに酔った。

最後に演奏した「Rum&Ginger」!本当に素晴らしかった。
ナマで、「How many times have you kissed and touched her?」とヤラれた日には…。

***

エイジアン・カンフー・ジェネレーション…まー悪くない。全然。本当。

たとえ、この夜の全観客の2/3がこのバンドの顧客(カスタマー)だったとしても、風格あった。
このバンド、ライブ見るの2度目なんだけど(“俺流”という、これも仙台でのイベ。3年前。他smorgas、ZAZEN BOYZ、the band apart、54-71が出演)、その当時のヒットチューンが当たり前に奏でられ、それらに飛び跳ねるキッズがいるのに、このバンドのもつ効能というか偏在性や普遍性をかんじた。
確かに、「アジカンはJ-ポップですよ!!」と捨て台詞を吐いた信頼のおける後輩の、それを誰に云いたいのだろう…という想いも、解らないではない。
だが、フロアの後方でグビリと二杯目のビールを飲み干しながら、まーそんな面倒なこと考える必要もないのではなかろうか…とかともおもった。
そんなのお構えなしで、キッズが跳ねてますよ。おれ、それは無理ダナーとかおもいつつ。

***

ジンライムが飲みたかったんだけど、ないので、ジントニをオーダー。

***

イースタンユース…すでに9時廻ってるわけです。だが、おもったより客は退けない。

小谷美紗子が、「大好きなイースタンユースと同じステージで嬉しい」と云う。
アジカンのVo.がMCで、「イースタン大好きで…」と心情吐露(このひとは、たぶん素直すぎる)。
toeのヒゲのひと(と小谷様)が袖で観覧と、ちょうイースタン・リスペクタブルな夜。
ことし2度目イースタンユース、相変わらずのスタイルで、当ったり前に射抜かれる。

「青すぎる空」の前にやった曲がわからない。メジャー前の曲なんだろうか…。
とにかく、新曲にはおもえない。おのれの益々の未熟さを知った(「大東京牧場」も、途中まで本気で新曲かとおもった。おれ、ちゃんと聴かないからさ…)。

***

そんなこんなで、大変おもしろかった。
そうして、ことしも終わるんだな…。

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(所謂、) It's a Man's Man's Man's World. | ホーム | The world,changed into Monday Night.>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/578-441f0fd7
| ホーム |