FC2ブログ
ことし感銘を受けた映画 (overseas)
2006 / 12 / 30 ( Sat )
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』

『ナチョ・リブレ 覆面の神様』

『サイレントヒル』

***

鑑賞本数そのものも減少、加えて履修科目の未消化問題(『ヒストリー・オブ・バイオレンス』とか『グエムル』とか『ナイロビの蜂』とか…)も発生。
なのでこんな内容でアレなんですが…基本的にトップもボトムもないというか、可もなく不可もないっつうか…振幅は少ないようにおもえた。

1位は黒沢清もお奨めのアメリカ映画。無常に震える。
2位はいまとなってはなぜあんなに泣いたのか不明だが、まあそれほど泣かされた作品。
3位は…ラストまで一貫し、そして永遠に交差しない運命に静かな興奮を覚えた。

次点:『カーズ』

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ことし、ある意味で感銘とかを受けた映画 (worst) | ホーム | ことし感銘を受けた映画 (domestic)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/609-dd863d6f
| ホーム |