FC2ブログ
劇場版 どうぶつの森 (2006)
2007 / 01 / 05 ( Fri )
癒されたい…そう希求したおれは、なんの迷いもなくこの映画を選んだ。
主人公あいちゃんにはほっちゃんこと堀江由衣さま!開巻、そのまま陶酔。

劇場版 どうぶつの森

***

要はゲームのアニメ化でしょ?そのとおりですよ。としか云いようがない。

公開前から劇場内にこの作品のデコレーションがガンガン飾られているのを見るにつけ、「すげえ映画がやってくるんだな…」と妙に感心した。
だってさー。どうぶつの森だよ?ゲームしないんで知らないが、ひとりおにゃのこがいんのよ。あと象とかタヌキとか。すごくない?

『アタゴオルは猫の森』っていうどうしようもない作品で、猫の世界になんでか数名マンカインドが登場するという、画的な違和感というか不快感をかんじたものだが、本作にはそれがない。
人も、ワニも、ペリカンも、亀も、鷲もみな同列。あたたかい。

***

どうぶつの森にやってきたあいちゃんの春夏秋冬、ほんのすこしの成長を描くほんわかした作品。
ときどき禅問答のような台詞が出てきたり、じつに味わい深くもエレクトロなボッサが颯爽と劇中を流れたりと、きがぬけない。

***

きが抜けないといえば本作、なんと三池崇史が声優として参加(ラコスケ役を“志願出演”)。
おそらくOLMデジタルのCGIプロデューサーである坂美佐子の絡みだろう(だいたい、三池作品のチープかつヤンチャが過ぎるCGIはすべてこの人とこのチームが噛んでいる)。

***

そう、OLM!クオリティはまちがいない。作画マニア的に惹かれる箇所は…まあ…正直なかったが、高橋ナオヒト(音無竜之介名義)や相澤昌弘の名は確認。

エンディング飾るのは大貫妙子。けっこう持ってかれた。
アリーテ姫』といいこの人の声が出てくると、泣く。ともかく癒されるのはまちがいない。

だが、新年早々こんなんでいいのか、とやや惑う。まあ…いいか。

(4日、ソラリス1にて。まわりは家族連ればかり…)
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<鉄コン筋クリート (2006) | ホーム | 犬神家の一族 (2006)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/618-9a3f0398
大貫妙子
大貫妙子(オオヌキ = 音凾 =【2007/01/07 07:12】
| ホーム |