FC2ブログ
Amazing Nuts! 特別装幀版
2007 / 01 / 08 ( Mon )
『鉄コン筋クリート』の4℃とエイベックスのコラボレーションDVD。
森本晃司『EXTRA』以降、この手の仕事させたら是非はどうあれ4℃最強だからなあ。

なんでどういう経緯でこんな作品集を出そうとおもったのか、商売をしようとするのかが解らない。
得てしてこういう仕事は自家中毒になるよね。閉塞してしまう。じぶんでじぶんの首を…。
(でもおれも立川まで『音響生命体ノイズマン』観にいったりデジタルジュースのDVDBOX買ったりしてるから。元信者だから)

Amazing Nuts!  特別装幀版

***

結論から云えば、青木康浩の「たとえ君が世界中の敵になっても」だけで一応元は取れる。
10分の作品に7000枚(!)費やしてます。作画にしろ色調にしろ展開にしろ、頭抜けている。
倖田來未はある意味ラッキーだな。これはアタリ。これこそアイキャンディー!

たとえ君が世界中の敵になっても

のこり3本は見る価値なし。病膏盲に入るというか…第三者が見てサッパリ面白くない。

あと、オマケのメイキングDVDは青木康浩という敏腕アニメーターのお顔を見られるという程度の価値しかなく、それ以外の監督たちの典型的な自称クリエイター面がじつに見苦しい。
特に中山某…マスタベは学生のとき迄に済ましていただきたい!

***

このBOXにはかなり立派なムックが封入されている。

「たとえ君が~」の絵コンテは相当な読み応えがあるものの、それ以外は無価値だ。
だいたい「グローバルアストロライナー号」なんてコンテ切る意味あんのかね?
アニ研連であるような、壮大な予告だけで一向に完成をみない“大作”を連想させるのだ…。

***

こっからが、問題なのだ。
子飼のクリエイターをおんぶに抱っこにハイハイまでさせてる、4℃の姿勢。

労力の塊りのようなアニメーション制作の中で一個人の才能を優先させようとすると、どうしてもPV仕事やCF、TVのOPばかりになるのは仕方がない。
でも正直な話、『Grasshoppa!』みたいな企画ばかりあるじゃなし(内容もアレだったが)。

商業性と芸術性の狭間で揺れている制作スタジオという印象を、払拭してほしい。
だから、「たとえ君が~」がTVアニメになるような、そんな展開を期待したい。
このクオリティでシリーズが無理ならOVAでもいい。なーんかGONZOと正反対なんだよな4℃って。

***

以下オマケ。

YouTube - かみちゅ! 第12話 青木康浩パート

※実際青木の手によるものなのか?DVDひっくり返して確認するヒマはないのだが、ケレンの塊りのような「たとえ君が世界中の敵になっても」と真逆の日常芝居…。


Koda Kumi - Twinkle from Amazing Nuts!
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? yun-yun59

(当然DVD鑑賞)

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<強力モーター | ホーム | 鉄コン筋クリート (2006)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/624-7a7d22f8
| ホーム |