FC2ブログ
どろろ (2007)
2007 / 02 / 03 ( Sat )
このカラコレぶりが全編続くのかよ…とイライラしながらも、前評判ほどマズくないのが第一印象。
ここでヨカッタ探しするをきもないし、今回の映画化を腐す連中への文句を垂れるきもない。

単に、原作を知らないから「ふうん」で済んでるのかもしれない。「どろろどろろどろろー!!」

本作、すくなくとも『デビルマン (2004)』と比較するのはおかしい(VFXの面でいえば、『デビルマン』がPSなら、本作はPS2位の違和感で済んでいる)。

どろろ

***

短館系ローバジェット仕事と、原作付お涙頂戴大作仕事との間を揺れ動く塩田明彦
正直『黄泉がえり(2002)』観て、結構持ってかれたのは事実なのでアレだが、こんな面倒くさそうな(つまらない野次に絶対晒される)大作仕事のオファーを断らないのはエライかも。

とはいえ、最初はつらかった。アイツやコイツ、複数の演出の名前が浮かんでは消えする。
なんで塩田が、こんなババ引かなければならないのか、と。ほかの奴がもっと安く仕上げれば…。
でも、杉本哲太土屋アンナが出てくるあたりから、俄然良くなってくるんだよなあ。

云いたいことは山ほどあるが、アクションだって出来はどうあれ、出し惜しみせずたっぷりみせているし(中盤、3つくらい有象無象とのバトルが続くのだが、ただの、どうみても特撮映画です。おもしれえ)、目に悪い色味だがスカッと抜けたニュージーランドのロケーションが開放的で重くならず、なんかいい。

***

でもま、ぶっちゃけ一番の魅力は、柴咲コウなんだよね。こんなに良くみえるとは!
戦災孤児つうか『はだしのゲン』『じゃりん子チエ』の登場人物みたいなギラつき具合で好感。

dororo_wp05_s

※だいぶ前の先行ヴィジュアルで既に公開済みのこのスチル。いや、いいなあ。

仕草がかわいいって、べらんめえ調が萌えるって、どゆこと?まあ無理してる感もある。
でも、柴咲コウどろろが居ないと、作劇的にも画的にも興収的にも救われない。

塩田がどの程度キャスティングに噛んでるのかは不明だが、トランスしてないジェンダーそのままの、もっさりしている演技の柴咲コウに今宵は乾杯。ぽんぽん!

(ソラリス1にて)

映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<先週 iPODに入れたCD | ホーム | 地方紙を売ったり買ったりする女>>
コメント
--こんばんわ♪--

私も観ましたよ~♪
でも、ちょっと前に観たので
記憶が薄くなってしまってます;;
ってか、まだ1ヶ月も経たないのに
薄くなる記憶・・・
私が悪いのか、作品が悪いのか・・・ww

柴咲コウ、萌えましたか^^
やっぱり観るとこ違いますね~
私はどろろが男の子な所を敢えて女にして
後々恋愛に絡めそうな感じがなんとなくイヤでした(偏見w
それと、あのべらんめい口調のキャラが痛々しく感じましたww
by: ゆずる * 2007/02/08 20:26 * URL [ 編集] | page top↑
--綿菓子のような作品--

ゆずるさんこんばんわ!

良かったさがし的見方かもしれないですが、かわいくおもえたのは事実です。
観る人が観れば、単にイタイだけでしょうが…うーん。
全部寸止め、全編オブラートに包んでいるような作品ですよね。

でも柴咲の無理してる感がキュンときました(くるな)。

by: ナーニカ * 2007/02/08 22:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/663-fdd0ce36
| ホーム |