FC2ブログ
unknown アンノウン (2006)
2007 / 02 / 09 ( Fri )
なんらかショックが欲しくて映画館の暗がりに集うのだが、こういう映画と出会ってもね…。

なんだかよくわからんが、記憶を失くした5人の男が薬品倉庫で目を覚ます。
互い傷を負ってるのだが、さっぱり情況がわからんちん。疑心暗鬼。
どうやら、誰かが誘拐犯で、誰かが誘拐されてきたひと、らしー。
理解と葛藤、徐々に記憶が戻り始める。日暮れまでにナントカしないと…。

というような筋。つかどうでもいいよ!この手の映画で問題なのは、全員記憶がないため、観客と登場人物の反応(記憶が戻る・情況を呑込む)が同時なのね。
「なぜこんな事態になったのか?」みたいな大ネタは最後までとってある(最後に思い出す)わけ。
登場人物の記憶が戻らないかぎり前に進まないのは、出来の悪いRPGとおんなじ。
そういうわけで、この手のドンデン返しサスペンスは、もう厭き厭きなのでした。

ジェームズ・カヴィーゼル(ツラじたい観ていて厭きる)、グレッグ・キニア『リトル・ミス・サンシャイン』のダメおやじ)、ピーター・ストーメア(いつもの役)らが出演。
バリー・ペッパーがめずらしく「いいひと」役。つうわけで、ネタ割れまくりですね!

unknown アンノウン

(フォーラム2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Gガール 破壊的な彼女 (2006) | ホーム | 無花果の顔 (2006)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/671-6fdae150
| ホーム |