FC2ブログ
ディープ・イマジネーション -創造する遺伝子たち- (2006)
2007 / 02 / 11 ( Sun )
いまにしておもえば、なんだったのか?とかんがえちゃう『Grasshoppa!』の収録作品集+新作。
作家性の効きすぎたSTUDIO4℃のハイエッジな最先端アニメーション(かるい嫌味)が堪能できる。

トレイラー兼PVはコチラ。画はばらばらだけどかっこいい。んじゃま、簡単に。

ディープ・イマジネーション -創造する遺伝子たち- 劇場用ヴィジュアル


***

小原秀一の『ダンペトリー教授の憂鬱』。
こういう、軽いのは嫌いじゃないです。中々ないテンポのよさだとおもう。あと、主線が太くね?

小林治の『End of the World』。
宍戸留美が!ルンルンが!それだけで赦される。話そのものはけっこうグロい。

中澤一登の『COMEDY』。
第二の森本晃司の道をゆっくりと進んでいるきがする。たしかに中澤一登、こういう適度にベタな(タクがひかない程度の)ルックの画をカッコよく動かさせれば最強かもしれない。それでいいのかね?とっとと長編撮らせるべき。

村木靖の『彼岸』。
こういうひとがラインナップにいると安心する。横山宏SF3D『パト2』のアヴァンみたいな小品。
とはいえ、なんかちょい緊張感がうすくて物足りない。パワードスーツのデザインも潔すぎ。

伊東伸高の『ガラクタの町』!
今回のDVD化(そのまえに昨年夏劇場公開されているが)に際しての、新作!これ最高。
「のちのセカンドルネッサンスである」とか、呟いてたら…あれまあ!ロボットバトル物!必見!
スタッフも超豪華。原画に湯浅政明、久保まさひこ、横山彰利、河野悦隆ら。
サウンドディレクター(音響監督ということだろう)に細田守の名が!わほ!

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なんセカ上映情報! | ホーム | 魂萌え! (2006)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/678-6809a48a
| ホーム |