FC2ブログ
21グラム (2003)
2007 / 02 / 23 ( Fri )
あたまに、「ほんの」とかは付きません!…つかそれ何年前の邦画かっての。
『BABEL』待機中のイニャリトゥさんの前作。予習の意味でリユースDVDで鑑賞。

3人の男女と彼らの係累が、一つの事故を軸に翻弄されてくとゆー話し。
愛って?家族って?信仰って?人間って?運命って?…っていうじつに文芸なかんじではある。
えー文芸なのー?といっても飽きることなく観られる。ぴょんぴょん話し飛ぶし。
そう、時制がズッタズタ、だが判りづらくはない。大ネタが待ってるわけでないし。

ショーン・ペンのストーキングぶりがなんかヤダ(死に魅入られ幽鬼のよう)。
あとナオミ・ワッツのジャージ姿もなんかヤダ(生活臭がしてきて切なくなる)。
デル・トロの目ン玉も、冥界へ通じてるようでなんかヤダ(これだから前科者は…)。

いっちゃアレですが、そんな崇高な話しにはおもえない。劇場で観た感動をわすれちゃならない、そして安易に(PC再生させた中古のDVD如きで)回想できるなどと、おもわない方が良いのだと、今日悟った。

赦せないのは、シャルロット・ゲンズブールがヨメさんで、なんで人生果敢なむのか、だろう。
そういうバチ当たりなショーン・ペンにしろ、三人の主役の誰一人として共感を覚えない。

21グラム

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<たとえば風の強い夜。 | ホーム | なんセカ上映情報!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/686-54ab8c20
| ホーム |