FC2ブログ
空中庭園
2006 / 01 / 22 ( Sun )
完全に作為的というか、もう、すべて説明しきってやろうという野心が目に見えている。

豊田の過去作は全てそうだったのだが、より一層磨きがかかっている。
そして、まあ、好みはどうあれ見せ切ることに結構成功している。
カメラの動きと、美術と、音響と、台詞廻しや所作、そもそものキャスティングまで
たのしい悪ふざけがテンコ盛り。
云っちゃあアレだが、「シャブ中のつくる映画はやはりヒト味違うね」と云わざるをえない。

幸か不幸か全開なのよ、面白い。
キョンキョンの気まずさが素敵だ。居住いが可愛い。

大楠道代とソニンがラブホでバトルするあたり、何でこんなにケレンみがあるのかっていう数カット!

豊田という人は、基本的に人間を信じていないというあたり、
露悪的にしか人に物を見せられないというあたり、共感できます。

なまじっか捕まった事実知ったうえで、大体の観客は観ているのだから、一般的先入観たるやもう、
作家性とかでないところで生じる不幸だ。
だが、そういう、不信が全ての先につく人間の最良の成果だともおもえる。だから仕方がないのか。

真っ赤な雨が降るシーン、ホラーライクだとかフリッカーとか、
ハッキリ云ってどうでもいいが、
キョンキョンのかすれていく下手な絶叫は、真摯に受け止めたい。

あと、港北のモザイクモールとか、野猿とか、なんだかなつかしーロケーション一杯で、逆に泣けた。
確実にあそこにいたのだものナ。
モザイクモールからバスで町田のはずれの野猿まで行けんのかっつー突っ込みをしながら観た。

えと、パンフかいました。

(7日、フォーラム5番シアター)
wpol_ent_05012.jpg

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ALWAYS 三丁目の夕日 | ホーム | もういい加減に>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/7-627cbbd5
| ホーム |