FC2ブログ
硫黄島からの手紙 (2006)
2007 / 03 / 04 ( Sun )
もうよくわかんねえよ!本日観ました。ええ、今頃になってね。年の瀬に観れば評価も変わるのだろうか…異常なほど高まった期待を胸に、そう、いまどき、ようやっと観にいったわけ(予告はコチラ)。

確かに、これを観て日本映画の不甲斐なさとか、同時に出来るだろこれくらい!(すこし上陸作戦の規模は減らして)という想いもすこしはあった。実際、『男たちの大和/YAMATO』というなかなかの好例もあるのだし。
でね、この作品悪く云うわけではないけど、世評ほどではないなと。こういうのがアカデミー賞獲っちゃうのもなんかヤだよ?(あ、『ディパーテッド』も観てないけどね)

正直『父親たちの星条旗』のほうが断然おもしろいし、意気込みが伝わった。でも、この映画はなにが云いたいのか…声高な反戦ではないのはわかるんだが…及び腰というか、なんかどこかに遠慮が無いか?そんなことばかり考えながら観た。
イーストウッドは二宮和也裕木奈江の夫婦の団欒シーンをどんなツラして演出したのだろう…。

ポケベルが鳴らなくて
恋が待ちぼうけしてる
ねえ あなたは 今 どこで
何をしてるの?


んま、じぶんでもなにがなにやら。
塹壕で自爆するシーンは見応えがあったよ(んなのばっかりだ)。

ioujima

(フォーラム3にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ECDイルリメ 『 2PAC 』 | ホーム | さくらん (2007)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/703-1779c0ed
| ホーム |