FC2ブログ
かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート (2006)
2007 / 05 / 25 ( Fri )
マーヴェルコミックスの映画ですか?ってかんじのオープニングタイトルからスタート(予告)。

香港映画。ドニー・イェンの顔を拝みに行く。期待を全く裏切らない冒頭、飯屋でアクション開始。
大階段、馬鹿でかいフロア。何一つ間違ってない。黒社会のやり口に納得いかない虎が牙剥く。
用心棒の龍が割って入る。じつはその男、はなればなれになってた兄貴。思惑が交錯…。

監督はウィルソン・イップ。音楽は川井憲次。原作は香港の漫画。ヤンジャンとかヤンマガとかのヤンキー漫画のよう…最高。だから、間違ってないし、たのしい。

こういう映画が、いまのおれには足りてなかったんだ!と異常興奮した前半。
だが、段々トーンダウンしていく。話しは無茶で構わない。けど、ぐずぐずしてるみたいで…。

クライマックスの大勝負は、マーシャルアーツの妙味を味わうであったり、肉体がぶつかり合う迫力というよりも、ポスプロで味付けはなんとかすんべ!的逃げしかみられなかった。

やっぱドニー兄貴がおいしいトコ持ってくのな…そういう意味では確かにドニー・イェンの映画。

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート

(ソラリス4にて)

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<とりあえず吹替版の音響監督は岩浪美和で。 | ホーム | ハンニバル・ライジング (2007)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/818-184a8b94
| ホーム |