FC2ブログ
ダイ・ハード4.0 (2007)
2007 / 07 / 16 ( Mon )
期待のシリーズ最新作…のはずが、かなり退屈な出来ばえでガックリ。べつにこれ、ダイ・ハードでなくてもいんじゃんね?とか。ふつうにアクション映画として観れば、及第点。わるくはない。
けどコレ、待ちに待ったシリーズの最新作なわけ?無印に並ぶ出来か?(個人的には2以上3未満)

ダイ・ハード4.0

YouTube - Live Free Or Die Hard Trailer

※以下、盛大にネタバレしてます。
ぶっちゃけくだらな過ぎて寝ちゃった『アンダーワールド (2003)』(注・続編は観てません)の若手レン・ワイズマン監督作。そういうわけである種90年代型アクションからの脱却・アップデートは図られているものの、冒頭のさ、ハッカーどもとマギーQのやりとりからして既に「これ違うでしょ?」感がビンビン漲る。たしかにマギーQはお美しいけど、てめえの自慢の嫁(図々しくもケイト・ベッキンセイルを娶ってやがる!!!)でもキャスティングしやがれっつうの。

巻き込まれ型で孤立した一匹狼状況で巨悪を撃ってくっていうのが本シリーズの売りでしょ?
「痛い痛い!」、「なんでおれがこんな目に!」みたいにボヤきつつ、無線や電話で外部の協力者(大概太った黒人下級警官)とコミュニケートしつつ、ジワジワ事態を好転させてくのが、蟻が巨人をぶっ倒すのが、本シリーズのキモでしょ?すーごくユーモアないしさ!

なんでナードとのバディ物になっちゃうのよ!くっだらねえ!対する敵もわけわかんねえ。
なんであんだけ連中の悪事の段取り追うの?さっさと全土ブラックアウトさせちまえっつの!
幾ら凄腕のハッカーで元○○○つっても、あんだけ訓練された連中オーガナイズしちゃうって無茶すぎ。

もうね、坊主憎けりゃ袈裟までです。あのー野外シーンのキャメラもきもい。なんだよあれ?
70年代刑事アクションを模したかのようなドライでオレンジがかったルック。ふつうに観づらいけど。

そんな本作でも見所はなくはなく、マクレーンの娘(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。
彼女鈴木杏ちゃん似で、一部の歪んだ連中にはなんだか判らないけど嗜虐的興奮が得られます!
あ、ケヴィン・スミスもじつに彼らしい役回りでよかった。後頭部がヤバくなってるあたり共感。

(ソラリス4にて。個人的には本編上映前、隣の席の女性がベイの『トランスフォーマー』の予告で鼻すすって泣いてるのに驚いた…意味なく罪悪感を…)

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<THA BLUE HERB 『 LIFE STORY 』 | ホーム | スネーク・フライト (2006)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/896-729c628c
| ホーム |