FC2ブログ
RONIN (1998)
2007 / 08 / 17 ( Fri )
RONIN

YouTube - Ronin - Movie Trailer

もう、10年も前か…劇場公開以来、ようやっと再見しました。手元になぜか、3枚もDVDあるんだけど。
んで、結論なんだけどやっぱ傑作。古めかしいところは当時でもアナクロだった。だが、そこがイイ!

冒頭、“車椅子の男”によって選び出された“浪人”たちがパブに集う。結局待ち合わせして、全員ヴァンに乗って移動するだけのシーンなんだけど、いまの映画にない間の取り方。んまー、これをもって70年代風とは云いませんがね。
ヘンに緊張を強いるでなく、でも確実にいまから何かがはじまるのだ…そうかんじさせる心地よさ。

その後も市街地を疾駆するカーチェイス、ため息出るような裏切りのシーン(10年前もおもったけど…エグザンティアに乗りたくなった)、状況激変、さすが西洋人はねちっこいな…とおもわせる長いチェイスがまたもや。

主人公たち、いわゆる悪事働く愚連隊や傭兵風情が、主を失くした“浪人”になぞらえるという、ちょっと納得出来かねる認識にイマイチのれない。あと“車椅子の男”や、デ・ニーロたちが追っていたブツの正体もサッパリわからん(説明があったかもだが、焼酎ロックをガバガバ呑んでるのでわっかんね)。

でも、それでもこういう、男臭い、オンナコドモが顔しかめるような映画は最高だ。酔いが廻る。
だいたい、デ・ニーロと指示を出すオンナ(ナターシャ・マケルホーン。小雪似のイイ女)との関係なんて…なにも説明してないのに、繋がる。

RONIN

(DVD鑑賞)


映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<その角度にしか興味はない | ホーム | 「少しは時祭イヴを見習えよ」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/926-51279b02
| ホーム |