FC2ブログ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (2007)
2007 / 09 / 01 ( Sat )
公開までほぼ情報がシャットアウトされた状態で焦らしに焦らされた(んま、直前までつくってたんでしょうけど)待望の、新エヴァ。一部漏れ聞こえていた評判どおりの出来で、まずは安心した。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序


幾らなんでも1時間前ならセンター席が取れるだろうとタカくくったら、けっこう埋まってるのやら。この田舎の(おれみたいな)きもいアニオタが大挙してるんだろうとおもったらふっつーの若人ばかりで、なんだか帰宅したくなった。一体お前らにエヴァがわかるのかよ…(ほんとうに嫌な客ですね)。

そう、ニコニコ動画なんかで予告がUPされてて、期待反面不安にかんじたのは画の肌触り。作画がどうこうではなく。旧作までと今回の違いはたくさんあれど、個人的に一番重要な変化は、セル塗りとデジタル彩色の風合いの違い。
なんかさー、えらくライトじゃない?BANKカットがおもいの外多用されておりそれにもびびったが、原画は一見TVそのままでも、修正しているようだし、彩色はもとより背景やらBOOKも変更されているので、新造カットと違和感がない。…でも、デジタルにマチエールは生じない。

これはテンポもそうだし、演出上の作劇の違いもある。10年前と作り手の意識も違うだろうし、なんかともかくトゲや毒気や怪しさがないのね。セル塗りとともにそのあたりも漂白されたかのよう。
散々喰い物にして(されて)きた作品だから、これまでのような提示の仕方では新味がないのはわかるし、時代の(おそらく庵野秀明の)気分にもマッチしないのだろう。

個人的には新作カットの2人のコンテマンの良くも悪くも影響が大きいのだとおもう。画を観ながら、なぜこんなに新作カットと馴染むのだろうと不思議におもってたら…総作監で鈴木俊二というので合点がいった。あとキャラクターの醸す品のよさと適度なベタさ加減は松原秀典の力だろうなあ。ほかに奥田淳黄瀬和哉貞本義行もりやまゆうじ!が作画監督で名を連ねる。メカ作監は師匠こと本田雄(ベテランばっかだなー)。

昨日のエントリでも予想したとおり、肝心要のシーンが、TV版まんまの画を流用してたので結構うれしくなった。だが、そのシーン観るといやがうえにもその当時をおもい出す。台詞の微細な変更や画の順列は変わっても、なんせマンマ映ってるんだよ?12年前、おれ、ナニしてたっけな…こういうアニメに耽溺してた、そう、12年前。

若い観客に対する違和は、謎を散りばめまくって思わせぶりだったり、ノイズ過多だった旧作と違い、CGIでモニタ廻りやエフェクトが整然と表現されたりした、なんだか洗練されて漂白された画面や、説明オミットして意外と逡巡なくエヴァに乗っちゃうシンジ君や乗せちゃうミサトさんに対しての違和と同じだろう(尺の問題とか云うな)。

結論として十二分に堪能できたが、これがあと3回も行われるというのは…なかなかに大変なことですよ。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

(ソラリス1にて。とはいえ、だ。何回か観に行くとおもう…)

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<呪怨 パンデミック (2006) | ホーム | 1000万人くらいいるんじゃないの?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/961-d0d181ed
| ホーム |